Makeup, Report
2017.7.05

695

bibibi(美・美・美)ルポ

ファッションデザイナーとコラボしたRMKのAW COLLECTION

ファッションデザイナーとコラボしたRMKのAW COLLECTION
創立20周年を迎えたRMKのこの秋は、「TARO HORIUCHI」とのコラボ。
2つのブランドが融合した色の世界がステキ! 発表会の模様をお届けします。

 

TARO HORIUCHI

常に丁寧で、繊細かつ革新的な素材を追及し、エレガンスと透明感をもつ洗練された女性をイメージしたコレクション製作するファッションデザイナー。彼のアートとの関わりあいと、アントワープ・パリ・ロンドン・東京とさまざまな土地で吸収したファッション観が独創的な世界観を構築している。

 

発表会場に突如出現していたのは、巨大なほぼ立方体の箱。PRESSがつめかける中、何が起きるのか興味津々の言葉が飛び交っていました。箱に写しだされていたのは、青空に白い雲が流れる清々しい印象の画像。

 

 


発表会が始まると、この箱に秋のメイクアップを施したモデルの画像が浮かびました。
テーマは「FFFuture(Fast Forward Future)」。ワクワク感が膨らみました。

 

 


次に浮かんだのは、新製品たち。なかでもスティックタイプのチーク(RMK フューチャーチークスティック 全3色 各 ¥2800税抜)は、TARO HORIUCHIの独特な色のセレクションが利いて、メイクが楽しみに。

 

 


さらに、目に止まったのは、RMK フューチャーアイシャドウパレット(全5種 各¥4000税抜)。洋服生地の素材別のホワイトを基調にした近未来的なカラーで個性を引き出す4色パレットはTARO HORIUCHIの世界が広がっています。

 

 

 

 

そして、TARO HORIUCHIのドレスに合わせて、RMKクリエイティブディレクターのKAORIがメイクしたモデルが4名登場し、メイクと商品の説明がありました。今までとはちょっとイメージが違う澄んだ色合いのRMKの秋を満喫できそうです。

PRESSにとっては、驚きの発表会でした。会場の仕掛けにも目を見張りましたが、TARO HORIUCHIとのコラボレーションにもびっくり。この秋冬は、どんなRMKだろうかと期待していましたが、なんと20周年にふさわしい企画に賛同です。カラーはユーザーが感性で選び、素材感や使用法は売り場でのスタッフの丁寧なアドバイスがものを言うラインナップかなと思いました。

 

※全商品2017.8.11数量限定発売
写真・文/黒木まり子(美容エディター)

  1. このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP