Skin care, Tips
2017.3.01

1,091

MEMO

あなたは正しく洗顔していますか?

あなたは正しく洗顔していますか?

まずはテスト! 下の10の質問にYES・NOで答えてください。

A クレンジングは面倒だと思う。

B クレンジングのときに、マッサージもする。

C ウオッシュ洗顔のときの泡立ては、2~3回手のひらでこすって泡立てる。

D 洗顔料は、汚れを落としやすくするために乾いた肌につける。

E 洗顔料は顔全体につけた後、ゴシゴシ洗うと気持ちが良いので実行している。

F ウオッシュ洗顔のときは、温かいお湯で洗うのが好き。

G ゆすぎは10回を目途にしている。

H ウオッシュ洗顔の後、拭き取るタオルは清潔であれば良い。

I   水気を拭き取るとき、こするようにして拭き取る。

J   洗顔後の化粧水は、肌がよく乾いてからつける。

あなたはYESがいくつありましたか?

(YESがひとつもないようにしましょう)

洗顔はスキンケアの大基本!

正しい洗顔で美肌が手に入る!

夜の洗顔(メイクアップをした日は必ずクレンジングを!)

1 クレンジング料にはいろいろなタイプがありますが、どれを使う場合も、まず手を清潔にしましょう。

2 クレンジング料は適量を顔全体に伸ばします。ゴシゴシこすらないで、汚れが浮いてきたら、製品によって洗い流すか、ティッシュやコットンで拭き取ります。

クレンジング料でマッサージすると、汚れが拡散してしまいます。マッサージをしてもよいといわれる製品でも避けたほうが無難。

3 ウオッシュ洗顔は、まず顔を濡らします。洗顔料を泡立てて(もしくは先に泡立てておいたもの)、泡を顔全体に乗せます。泡で顔をマッサージするように優しく丁寧に洗います。指先でゴシゴシ洗うのはタブー。

4 泡を軽く捨てて、流し水でゆすぎます。水の温度は人肌の36℃~34℃が理想。この水温は温かいとは感じない温度で、ぬるま湯というより、水と感じると思います。洗浄料分がすっきり落ちたと感じるくらい丁寧にゆすぎますが、目安は20回くらい。もっとゆすいでもOKです。指先が肌をこすっているように感じたらOUTなので気をつけてください。

5 やわらかくて清潔なタオルを使い、顔に軽く押し当てるようにして、水気を取ります。顔を包み込むようにすると気持ちよく、水分を含ませることができます。古くなったタオルや堅く織ってあるタイプは避けること。汚れているタオルはもってのほかです。

6 落とすスキンケアの洗顔が終了したら、与えるスキンケアをしますが、そのつなぎは、肌が乾かないうちに、化粧水や導入液を使うこと。

☆朝の洗顔は、寝ている間に分泌された皮脂の余分なものや、ホコリなどの汚れをさっと洗い流せばOKです。クレンジングは必要ありません。ウオッシュ洗顔も泡立ては必要ですが、丁寧すぎるには及びません。朝の洗顔はしない、ぬるま湯で流すだけという人もいますが、この場合、肌がくすみがちになるので禁物です。

  1. このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP