Body & Hair, Tips
2017.6.02

431

MEMO

気になる体臭を防ぐ
ボディケアのポイント

気になる体臭を防ぐ<br>ボディケアのポイント

汗をかくこれからの季節、しっかりとケアをしていても自分のニオイが気になることがありますよね。また、自分でニオイに気づいていない場合があるかもしれません・・・。

今回は、気になるニオイケアのポイントをご紹介します!

 

POINT
ニオイの原因は肌に住む常在菌!

実は、汗自体にはニオイがないことをご存知ですか?
通常、暑いときにかく汗の成分の99%は水。一般的な水と同じように、汗自体は無臭です。
汗が臭う原因は、私たちの肌表面に住む細菌(常在菌)。汗に皮脂や汚れ、古い角質が混ざって常在菌に分解されることで、ニオイが発生します。また、皮脂汚れなどの酸化もニオイの元になるため、肌についた汚れはきちんと取り除きましょう。

 

POINT2
ニオイの出所を知り、ポイントケアをしよう

汗を出す汗腺には「エクリン腺」と「アポクリン腺」の2種類があります。
エクリン腺は全身に存在する小さな汗腺で、主に体温を調節する役割を担っています。エクリン腺から出る汗の99%は水分で、残り1%に塩分や尿素、アンモニアが含まれています。99%が水分であるため、ニオイはほとんどありません。
一方、アポクリン腺はワキの下や陰部、耳の中(外耳道)、肛門、乳輪など限られた部位に存在する汗腺。緊張したときにかく「冷や汗」や興奮したときにかく「興奮汗」などがこの汗腺から分泌されます。アポクリン汗腺から分泌される汗は水分のほか、微量のたんぱく質や脂質、アンモニアを含んでいるため、細菌が繁殖したり、汗が酸化しやすく、ニオイを発生しやすいのが特徴です。
そのため、アポクリン汗腺が集中している部分を重点的に清潔することが、ニオイケアをする際にとても重要になります。

◆アポクリン汗腺が集中する部分

・背中
・耳のうしろ
・首のうしろ
・ワキ
・乳輪
・おへそ
・ひじの裏
・デリケートゾーン
・ひざの裏
・あしの裏

など

 

POINT3
お湯に浸かることがニオイケアの必須条件

気温が上がるこれからの季節、シャワーだけで済ます人も多いと思います。しかし、ニオイをケアするために「湯船に浸かること」は必須。湯船にじっくりと浸かることで、毛穴の皮脂などの汚れが浮き上がり、常在菌のエサをキレイに落とすことができます。
また、入浴を習慣化することで汗腺の動きが活性化し、サラサラとして臭いにくい汗をかくようになるというメリットも。全身をまんべんなく温められる入浴は発汗に効果的で、ランニングをするよりも効率よく汗をかけると言われています。39℃~40℃のお湯に15分浸かることを目安に、ゆっくりと入浴をしましょう。

3つのポイントを押さえて気になるニオイをケアし、ジメジメした梅雨やジリジリと暑い夏を気持ちよく乗り越えましょう!

  1. このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP